お世話になってるレボリューションに感謝!怖くないフィラリア

フィラリアの感染ルート

愛犬にとって厄介な病気と言えばフィラリアを第一に思い出す方は多いそうでこの病気の媒体は蚊が原因とされてます。
昔は注射での治療が主で原因も今程に詳しく分かっては居ませんでしたが、現在は外科手術を行い心臓から取り出す等の方法もあるそうです。
フィラリアの恐ろしさは放置すると病死する進行度が速い病気であり、従来の治療薬ではペット達の負担や副作用が強く出てしまう為死亡するケースも大きく老犬からしたらかなり困難な治癒方法なのです。
成虫の寿命は凡そ5年位と言われており、もしも体内に寄生したとしても予防薬を投与してあげれば幼虫を死滅させる事が可能となってます。
体内感染のルートは先程も述べた様に蚊の体内に移動した幼虫を蚊が犬を吸引すると同じに幼虫そのものを体内へと入り込み感染します。
感染した幼虫は年を重ねる事に徐々に成長して行き、子供を産むため心臓に宿ります。
この事から血流が悪くなって色々な症状が見られる様になります。
発症当初は通常通りの何変わらぬ状態が続く場合が多く、飼い主も気付かず月が経過すると共に初期症状として息が荒くなったり、運動を嫌い散歩をしなくなったり、咳を辛そうにしてたり次第に腹に水溜まってしまい膨らみ続け遂には失神の症状が出て来ます。
器官系に移った際は他機能の不全の発症が見られ、尿から血が出たり呼吸困難が度々起こります。
これらが判明した場合は直ちにかかりつけの専門医の診断を受けないと僅か数日程で命を落とす危険性も在ります。
上記に記したようにフィラリアは油断出来ない感染症の一種なのですが、予防薬を使い意外と簡単に対処が出来て1ヵ月に一回の期間を置いて再度摂取よって予防する事が可能となっているのです。
予防薬は確実かつ安全簡単に予防が出来ますが、投薬を一度でも忘れてしまうと再感染の発症確率と危険性が高くなるので日記や手帳等に自分なりに分かり易くしるしを付けたり色々工夫して忘れ無い様心懸けましょう。
飼い主である以上病気の原因や予防策については少しでも知識を付けておき、最近ペットの様子がおかしいや異常を少しでも察知したのならば病気にかかる前に一度獣医に相談し血液検査等の検査を受けてみましょう。